自動車保険の契約は誰が被保険者になる必要があるの?

誰が被保険者になる?

 

 

ご家族が複数運転する車が家にある場合、誰かが代表して自動車保険に加入する、という感じになりますよね。
一般的には自分が所有する車、運転する車の保険は自分自身が主体になって加入する「保険契約者」ということですが、ご家族がいる場合、どなたに契約してもらうべきなのか、あるいは誰が契約したところで一緒なのでしょうか?
自動車保険の契約には「保険契約者」とともに「被保険者」という項目があります。
実は時と場合によって、ご家族のどなたが「被保険者」になるかによって保険料などにも差がでることがあります。
ここではどのような考え方で「被契約者」を決定していくべきなのか、みていきましょう。


「被保険者」・「契約者」・「使用者(主に使う人)」を理解しよう

 

自動車保険の契約に関して、「被保険者」「保険契約者」「使用者」というものの違いを知っておく必要があります。

 

【被保険者】と【契約者】はどう違うの?

 

保険契約者とは、一般的には車を所有している方ということが多く、例えば家に奥様がもっぱら運転する、という車の場合、契約をご主人が行ったら

 

  • 「保険契約者」 … ご主人
  •  

  • 「被保険者」  … 奥様

 

という感じになります。「被保険者」というのは、「その車を普段運転する人」すなわち「使用者」ということなんですね。
車を所有しているのがご主人で、お子さんが車の運転するという場合は「被保険者」がお子さん、という感じです。

 

【被保険者】と【使用者】は同じ人?

 

今見てみたように、「被保険者」というのが割と重要で、「普段運転する人」すなわち「車の使用者」ということです。
車検証に使用者の欄がありますが、奥様がメインで運転する場合はここを奥様にしていますよね。
基本的にはその車を一番長く運転する人、それが「被保険者」ということです。
仮に車検証の記載されている「使用者」が現在の使用者と異なっている場合もありますよね。
奥様が主だったけど、年齢が上がってお子さんがメインで運転するとか。
そういう場合は車検証の内容にかかわらず、保険契約の「被保険者」はお子さんの名前で、というのが正解です。

 

実は契約者は誰でもいいのです

 

このように確認してみると、どちらかというと「保険契約者」というのはそれほど重要ではなく、「被保険者」というもののほうが重要性が高いとも言えます。
なぜなら、「被保険者」の免許の色などが影響し、保険料が決まっていくから。
「保険契約者」の免許の色はこのような割引と無関係なんですね。
単に契約した保険の支払いを行う人が「保険契約者」ということです。

車の名義と保険の名義の関係を理解しよう

 

車には「車検証」というものがあり、そこには「所有者」と「使用者」という欄があります。
「車検証」の「所有者」は「その車を所有する人」でなければならないのですが、その車の保険の名義も同じでないといけないんでしょうか。

 

車の名義と保険の名義は違ってもいいの?

 

おかしなことに感じるかもしれませんが、「車検証」の場合所有者は明確に決まっていますが。その車に対して自動車保険を掛ける場合、極端な場合まったくの他人でもOKです。
その車に乗ることで、事故を起こす可能性があるから、保険に入り、補償を受ける必要があるということで、そういう状況になり得る人が契約し、被保険者になるのが筋ということなのです。

【被保険者】の状況がが保険料に影響する!

 

自動車保険には、車に乗る人の状況をきちんと登録することが重要です。
その内容から、最近ではさまざまな割引なども導入されていますよね。
「被保険者」の免許の色がゴールドであれば、「ゴールド免許割引」が使えますし、「被保険者」の年齢によって、安くなったり、また高くなったり。
契約者ではなく「被保険者」の運転が補償に影響するわけですから、そのような設定になっているんですね。

 

もしご家族のなかで、運転するのが奥さん(ゴールド免許)とお子さん(グリーン免許)が同じくらいの頻度だったら?
そういった場合は、免許がより割引率の高いゴールドの奥さんを「被保険者」にするほうがお得に。
ただし主たる使用者ではないけど、ゴールドだからその人を「被保険者に」という考え方はやめておきましょう。

「被保険者」だけが等級の引継ぎが可能!

 

自動車保険には「等級」という考え方がありますよね。
この「等級」に関しても誰のものなのか、というと「被保険者」の「等級」ということですから、ご家族に引き継ぐ場合も「被保険者から」ということです。

車を主に使う人が変わった場合はどうしたらいいの?

 

ご両親がだんだんと高齢になってくるなどすると、同居しているお子さんが免許を取ったしメインで運転するようになる、というのはありがちですね。
このようにおもに使う人が変わってしまった場合は、そう判断できた段階で「被保険者」を変更します。
実際に事故に遭う可能性があるのは、「車を運転する人」ですから、そこに実態が伴わなくなっていたら、保険としてきちんと機能しないことになってしまいます。

 

なんとなく契約したらそのまま‥ということが大いにありえますが、きちんと確認し、必要に応じて変更を行ってください。

補償内容は【被保険者】を中心で考えるべし!

 

自動車保険は「被保険者」の実態が重要です。
車を運転する人が何歳で、免許が何色で、どのくらいの頻度でどのくらいの距離を乗るのか?
そういうことを加味して補償内容とともに料金が決まっていくものなので、「被保険者」のかたがどういうシーンで車を運転するのか想像して組み立てるのがベター。

 

「被保険者」中心に、ご家族で相談しながら、必要なオプションなども検討するといいかもしれませんね。

自動車保険見直していますか?


 ●私のおすすめの保険ははここ!

「結局どこの保険会社がいいの?」


「通販型」と「代理店型」の私がおすすめする保険会社を紹介します。


私のおすすめの自動車保険!

 ●保険の選び方間違ってませんか?

正しい保険の選び方があるの?


タイプから補償内容まで、自動車保険選びについて1から紹介します。


自動車保険の選び方と手順を紹介!