ロードサービスの大切さ。

ロードサービスの大切さ。

事故のリスクは車を運転する以上は、誰しもが抱えています。どんなに気をつけて運転していても、運転に自信がある人であってもそのリスクをゼロにすることはできません。このため、ハンドルを握る以上は自動車保険は必須のものとなっています。
自動車保険の選び方は人それぞれですが、普段から使用するものではないので、あまり保障などを考えずに保険料だけで決めてしまうという人も珍しくありませんが、しっかりと考えて選ばなければいざというときに大変な思いをしてしまいます。また、自動車保険には便利なロードサービスをつけることをおすすめします。ロードサービスはあらかじめついているものもありますが、オプションでつける保険会社もあります。ロードサービスは、道で車がパンクした場合や、バッテリーが上がってしまって動けなくなってしまった場合などに、保険会社に電話をすると助けに来てくれるサービスのことです。これは普段は意識しませんが、いざそういった事態が発生した場合にとても助かるサービスです。個人でロードサービスの会社に加入している人は良いのですが、そうでない場合はこういった事態で出張サービスを頼むと数万円がとんでしまうこともあります。このため、いざというときのために助かるロードサービスがある保険を選ぶことをおすすめです。

ロードサービスの大切さと必要性

 

 

自動車保険の多くのものに、「ロードサービス」というものが付帯しているのはみなさんもご存じですよね。
重大な交通事故の際にも自動車保険による補償はとても助かるものではありますが、実は「ロードサービス」のほうが、利用頻度が高く、必要性が高いといっても過言ではありません。
ここではそんな「ロードサービス」というものがどのようなものなのか、みていきましょう。


 

◎ロードサービスにはこんなサービスがある

 

ロードサービスとは、どのようなサポートをしてくれるものなのでしょうか?
ここでちょっとチェックしてみましょう。

 

  • バッテリーが上がって車が動かない
  • キーをうっかり車内に閉じ込めてしまった
  • ガソリンが無くなって車が止まった
  • タイヤがパンクした
  • その他車が故障して立往生した場合のレッカー
  • 脱輪の救出
  • 車のトラブルの際の帰宅の費用をカバー
  • 帰れなくなった場合の宿泊費用をカバー
  • 移動途中でのトラブルの場合に目的地までの費用をカバー

 

保険会社によって多少のばらつきはありますが、このようなトラブルの対応が可能になっています。

 

ロードサービスの費用

 

ロードサービスの費用はどうなっているのでしょうか?
最近では多数の保険会社の自動車保険にこういったロードサービスが自動付帯となっていて、無料でついてくることがほとんど。
ただし中には、JAFやクレジットカードに付帯しているロードサービスを利用できるというユーザーもいるため、それに配慮して、別途オプションとして選べるようになっているケースもあります。
その場合でも、少しの費用で付帯できるようになっているので、ほかのロードサービスを受けられない場合、つけておくと安心です。

 

JAFは必要ない?

 

多くの自動車保険が無料でロードサービスを付けている昨今、これってどうなの?と話題に上がるのが「保険のロードサービスがあればJAFっていらないのでは?」ということ。

 

もともとJAFに入っていた場合、あとで自動車保険に自動的に無料でロードサービスがついてくると、サポートによっては重複していて、ムダな感じがします。
必要か必要でないか?という話になると、「コストをかけたくない」という方は「不要」、また車のトラブルが起こりやすい、自分で車のことが良くわからない、うっかりすることが多い、という方は「あったほうがいい」という感じですね。

 

もちろん保険のロードサービスでほとんどのトラブルが賄えることは間違いないのですが、時期や状況によっては、保険のロードサービスがすぐきてくれない場合、近くに拠点がない場合もあるから。
JAFの場合会員を最優先で対応しているため、対応の速さは定評があり、選択肢を多く持っていることで、より助かる、ということもあるんですね。
このあたりは懐事情と、トラブルになる頻度を自分で想像して、検討するとよいでしょう。

 

こんな時に助かった!

 

筆者もなんどかやらかしたことがあり、交通事故にはまったく遭っていないものの、実際に自動車保険のロードサービスには何度もお世話になっています。
体験からの話を少ししますね。

 

ある日車で移動していたら、渋滞に巻き込まれまして、のろのろ運転をしていたら、なぜかボンネットから甘い香りとともに煙?!が。
さすがに煙は異常だと気づき、計器をみても水温が上昇し、おかしいと気づき路肩に寄せて停めました。
すぐに保険会社に電話したところ、10分ほどで最寄りのレッカー業者が駆けつけてくれ、修理工場まで運んでくれ、修理ができました。

 

また別の日。子供の参観日でいつものように車に乗ってエンジンをかけたところ、うんともすんとも言わない‥。
さすがにこれはバッテリー上がりだと気づいたものの、そのままでは時間に間に合わないので、慌ててタクシーを拾い、参観には間に合ってとりあえず事なきを得て、戻ってきてから保険会社に連絡、バッテリーをつないでもらい、即交換にカー用品店に向かいました。

 

無料で受けられるの?

 

先ほどのロードサービスを利用したとき、いずれの場合も、もちろんサービスの範疇でしたので、作業代などは無料!でした。
万が一のトラブルといってもこういったものは皆1度はあるものですので、ほんとに助かった、と実感できるはずです。
ただレッカーなどの場合、ロードサービスの規定によっては、距離が制限されていることもありますので、そういう場合は少し費用が発生することも。
それでもコスパを考えたらありがたいサービスといえます。

 

使用状況で等級に影響するの?

 

ロードサービスを使うことで心配になるのは「等級に影響がでないのか」ということではないでしょうか。
車のトラブルでロードサービスのみを使った場合、等級には影響はしません。
ですので自動車保険の更新時に費用がアップすることはないので安心して利用できます。

 

ただし、事故で自走が不可能になってしまい、ロードサービスを使い修理工場まで移動させ、修理費用などで保険の補償を受けた、対物賠償を受けた、などという場合は、補償を受けた部分によって等級には影響します。

自動車保険見直していますか?


 ●私のおすすめの保険ははここ!

「結局どこの保険会社がいいの?」


「通販型」と「代理店型」の私がおすすめする保険会社を紹介します。


私のおすすめの自動車保険!

 ●保険の選び方間違ってませんか?

正しい保険の選び方があるの?


タイプから補償内容まで、自動車保険選びについて1から紹介します。


自動車保険の選び方と手順を紹介!