軽自動車向けおすすめの自動車保険を紹介!

軽自動車向けおすすめの自動車保険

 

 

最近は軽自動車もかなりラインナップが増え、さらに燃費も向上したことから、ますます人気が高まってきていますね。
多少税金が上がったといえど、やはり「維持費が安い」ことは支持を集めているポイントになっています。

 

ではこの軽自動車の場合、どのような自動車保険が合うのか?
軽自動車の自動車保険のおすすめは?保険の考え方は?補償内容はどう考えるか?などなど、ここではみていきましょう。


軽自動車の保険の考え方

 

任意加入の自動車保険、軽自動車の場合、どのように考えるべきだと思いますか?
やはり軽自動車を所有者は、「コスパ」が気になるという人がもっとも多いかもしれませんね。

 

とはいえ、何でもかんでも「安ければいい」というものではないので、どういったポイントを見るべきなのか紹介します。

 

まずは補償内容、予算

 

軽自動車に乗る段階で、やはり費用面は気にしている、というかたが大半だと思います。
とはいえ最近の軽自動車もかなりバラエティ豊かになりニーズが多様化していますので、予算ありきとはいかない面もあるでしょう。
必要な補償はしっかりと手厚くしつつ、ムダなオプションは省く、必要なもの、不要なものをしっかりと判断したうえで、価格比較するのがポイントになります。
ほとんど乗らない方などは、走った距離に応じて保険料が設定されているものなどがいいかもしれません。

 

補償内容はどうする?

 

先ほど少し補償内容についても考えるべきと言及しましたが、これは家族構成や、ドライバーの数、年齢層などによっても違いますし、日常生活もカバーできるオプションも最近の保険にはつけることができるようになっているため、そのようなものの必要性もチェックすべきです。
ひとつひとつの補償内容を把握し、必要に応じてつけるようにします。

 

ライフスタイルから判断

 

カーライフもご家庭によってそれぞれ違うもの。
特に軽自動車の場合、奥様が買い物専用で、とか、お子さんの送り迎えで、あるいはファミリーカーとしてがっつり、など、ニーズもかなり違います。
乗る頻度や乗せる方を想像したうえで、どのような補償が必要で、コストがどのくらいで、と多角的に判断する必要があるでしょう。

軽自動車におすすめの補償内容

 

先ほども考え方で少し触れましたが、軽自動車の補償内容といっても、ニーズに合わせて必要充分なものをセットすべきです。
最近の自動車保険の補償内容、オプションでおススメなものは以下のようなものがあります。

 

ロードサービス 

 

意外にお世話になるのがロードサービス。事故を起こさなくてもこれは使ったという方も多いのでは?
ただしJAFに加盟しているなどの場合、重複すると損になりますので、そういう方はオプション設定を外すといいですね。

 

個人賠償責任特約

 

お子様やご家族がいて、日常生活のなかで思わぬ賠償問題になったときなどにカバーできる特約。
自動車に乗るとき以外にトラブルが想定される、という方は付帯をおススメします。

 

弁護士費用特約

 

奥様が運転する場合などは、もし事故を起こして相手方と交渉する場合も、専門知識もなく苦労することが考えられますね。
そういった場合などの弁護士費用をカバーしてくれる特約は万が一のときに強い味方になります。
それほど高額なオプションではないですし、おススメです。

 

ファミリーバイク特約

 

おうちにバイクがある場合、セットするといいのがこちら。
単独でバイクの保険に入るよりもかなりお得にセットすることができるのです。
軽自動車の保険そのものが比較的安価なうえに、バイクでの事故までカバーできるなんていいですよね。

 

おすすめの特約といってもその方のライフスタイルによって、ニーズの有無も違ってきます。
また気を付けたいのが、その軽自動車のほかにもう一台車を所有している場合。

 

そういった場合、別の保険で個人賠償や弁護士費用特約をつけていると、重複して加入するのはむだになってしまいます。
ですからもう片方の保険にこのようなオプションを設定しているかどうかも、しっかりと確認しておきましょう。

車両保険はどうする?

 

また自動車保険を考える際に気になるのは「車両保険」をどうするか。
個人的にはまず車両価格が100万円以下のものは、付帯させなくてもいいのでは、と思います。
また自分自身で万が一の事故の際の車の修理費用は賄える、あるいは最悪格安の中古に買い替えるくらいの費用はある、という方は必要ないかもしれません。

 

しかし最近の軽自動車のなかには、軽く150万、200万円クラスの車両価格の車種もありますよね。
そういった車の場合はやはり車両保険についても検討すべきではと考えます。
さらに車をローンで購入している、という場合は、事故を起こしてしまったら、ローンの残りと修理費用が大きな負担となる可能性がありますね。

 

そういったことを想像するなら、必要に応じて車両保険もセットすべきかもしれません。
車両保険を付けることに負担を感じる場合は、「免責」を5~10万程度の金額で設定し、負担を軽くしてつけるといいですね。
自身が負担できそうな金額を設定しておくことで、車両保険のコストを抑えることができます。

軽自動車だから保険料が安くなるダイレクト型がおすすめ!

 

ざっとチェックしてきましたが、まずは自身の車の価値、ライフスタイル、ローンの有無、事故を起こしたときなどを想定し、保険を組み立てることが大事です。
一概に価格だけで比較しても、基本の補償内容が微妙に異なるものですので、細かいところまで確認すること。
そういったことがしっかりとできる方は、「ダイレクト型」がないよう充実なうえコストパフォーマンスが高くおすすめです。
自身の車とカーライフにぴったりの保険をしっかりと選びましょう。

自動車保険見直していますか?


 ●私のおすすめの保険ははここ!

「結局どこの保険会社がいいの?」


「通販型」と「代理店型」の私がおすすめする保険会社を紹介します。


私のおすすめの自動車保険!

 ●保険の選び方間違ってませんか?

正しい保険の選び方があるの?


タイプから補償内容まで、自動車保険選びについて1から紹介します。


自動車保険の選び方と手順を紹介!