慈善事業団体では有りません

保険屋さんは慈善事業団体では有りませんよ。

自動車保険というのはいざという時の事故を保証をしてくれる、ありがたいものです。
自動車の事故は被害が大きくなりがちですから、一度事故を起こしてしまうと到底払いきれない賠償責任を負ってしまう可能性があります。
そのようなことにならないためにも、自動車保険に加入をしておくことは非常に重要なことですが、このようなありがたい自動車保険というのも保険会社は慈善事業で行っているわけではなく、商売として行っていることを忘れてはなりません。
保険会社は営利企業ですから、利益の出ないことをするわけにはいかずただ保証をしてくれるというだけではないのです。
そのため、営利企業というのは客側の落ち度には非常に厳しいものがあり、保険を契約していた時の内容と実際の状況に相違があった場合、事故があった際に保証をしてくれないということもないとは言い切れません。
もちろん、自動車保険というのは被害者の救済の役割も持つものだけに、ある程度のことは融通をきかせてくれることもありますが、それを期待して契約内容と違いがあっても補償をしてくれるものだと思っていると、保険金の支払を拒否されてしまいただ掛け金だけを支払っていたということにもなりかねないので、契約内容はしっかりと確認しておくようにしましょう。

自動車保険見直していますか?


 ●私のおすすめの保険ははここ!

「結局どこの保険会社がいいの?」


「通販型」と「代理店型」の私がおすすめする保険会社を紹介します。


私のおすすめの自動車保険!

 ●保険の選び方間違ってませんか?

正しい保険の選び方があるの?


タイプから補償内容まで、自動車保険選びについて1から紹介します。


自動車保険の選び方と手順を紹介!