自動車保険 ゴールド免許

ゴールド免許を持っていると保険料が安くなる!

 

 

免許を取ったら、安全運転、無事故無違反でドライブしたいものです。
気を付けていれば、それほど大きな違反や事故を起こすこともないものだとは思いますが、どれだけ気を付けていても、もらい事故など、思わぬ状況に陥る可能性もゼロではありません!

 

いつもきちんと車の状態をチェックし、適切に法令を遵守し走行していると、何年か経つど免許の色はだんだんと変わってきます。
取り立てのときはグリーン、その後ブルーとなり、やがて無事故無違反でいることで「ゴールド免許」に!

 

ほとんどの方がご存じでしょうが、ゴールド免許だと自動車保険が安くなります!
ここではゴールド免許の場合の、保険の考え方について、みていきましょう。


ゴールド免許割引を活用せよ!

 

なぜゴールド免許、あるいはブルーの免許だと、保険料に差がつくのでしょうか?
これはやはり、「運転スキル」であったり「免許保持期間中に違反や事故がない照明」になるからでしょう。

 

とはいえ最近は、免許を取ってから、ただ単に運転をしないでペーパードライバーなだけで、無事故無違反期間が伸びたことでゴールド免許になっていることが問題視されていますけどね。
こういう方は、たまに車に乗るだけですから、スキルや法令順守の証明とはいいがたい場合もあります。

 

話が少しそれましたが、おおよそゴールドであることで、きちんと安全に運転する人だ、という見方をすることで、保険会社各社が「ゴールド免許割引」を採用しているということです。

 

ほかの免許の色の方に比べて、保険料が安く設定されたものですが、会社によって微妙に規定が違ったり、年齢によっても差がある場合がありますので、まずは比較してどの程度違うのか、確認しておくといいですね。

 

適応があるなら、絶対にこの割引は保険加入のマストアイテムといえます。

ゴールド免許までの道のりは

 

ペーパーで乗っていないだけでゴールドになった、という場合を除いて、ゴールド免許への道のりは、意外と険しい?とも言えます。
免許の色は、以下のような道のりで変化します。

 

  • 運転免許取得したて    … 免許の色はグリーン 交付されて2年後から3年までの間の初回の更新まで有効
  •  

  • 初回更新後        … 免許の色はブルー このときは次の3年後の更新まで有効となる
  •  

  • 次回更新まで無事故無違反 … 「ゴールド免許」に! 次の更新まで5年有効に

 

運転時免許不携帯などの反則の点数がつかない軽微な違反の場合は大丈夫ですが、もし事故や違反を起こすと、ブルーに戻ることになります。

 

取り立ての時期から、まじめに無事故無違反できていたとしても、ゴールドになるまでにはこれだけの期間がかかるということですね。
事故や違反があったらそれこそ10年越し…という感じなんですよね。

 

気を付けていてもうっかり…ということがありますので、いつ何時でも細心の注意を払って運転しましょうね!

保険契約の途中で免許の色が変わったら?

 

 

現在自動車保険に入っていて、免許の更新時期がきて、契約期間中に色が変わることは往々にしてあります。
でももし色が変わってしまったら、保険の契約はどうしたらいいんでしょうか?


 

ゴールドになる場合

 

ブルーだった免許の色が、無事故無違反を達成したことで、更新時にゴールドに変わった場合は、保険期間中に変更できるのか?と疑問に思いますよね。

 

答えは、免許の色については、契約期間中は更改ができず、保険料も変更がないとされているため、せっかくゴールドになっても、満期を待って新たにゴールド免許割引を使う、ということになります。
ただし契約者((記名被保険者)の変更によって免許の色が変わる場合は、返還(ゴールドになったので安くなるため)が生じる場合はあるみたいですね。

 

ブルーに戻ってしまった場合

 

せっかくゴールドだったけどブルーになってしまった…という場合も規定は同じですので、逆に助かった、という感じですよね。
次の満期までは免許の色によっての変更ができないので、それまではゴールド免許割引が適応されたままでいける、ということです。

 

「ゴールド免許割引」とは、契約期間の初日の段階での記名被保険者自身の運転免許証がゴールド免許の場合に受けられる割引、ということを覚えておくといいですね。

いくらくらい安くなるの?

 

割引率は年齢によって違いも

 

一般的には、ゴールド免許は基本の価格より10%程度の割引率となっているようですが、これも各社の規定により大きくことなります。
割引率が低いところは4%程度から、高いところは16%ほどのところも。

 

また若年層の方がいる場合は、年齢層が高い場合よりも割引率を低く設定している場合もありますので、各社比較するのがベター。

 

また保険の内容や基本の価格にも差がありますから、一概にゴールド免許の割引率だけに着目するのではなく、トータルで考えるようにしましょう。

ゴールド免許を大切に!

 

筆者もちょっとした違反でゴールドになれなかったこともあり、ゴールド免許への道のりはなかなか険しいと痛感しています。
逆にゴールド免許を保持していても、うっかり…という違反で次の更新でブルーになって、気分もブルー…ということだってあり得ます。

 

知り合いのなかに、自分が駐車違反をしてしまい、彼女にそれをかぶせて、違反逃れをする輩がいたのですが、彼女も彼のことを思って良かれと(これはダメなことですよ!)私が違反しました、と出頭してたよう。

 

これが3度ほどあったみたいで、免許を取って間もなかったことから、講習にまで出向くことになったり、さらにはその彼女はかなりの期間ゴールド免許になれなかった、と後々にぼやいていました。

 

また別の人は、車にも乗るけどバイクも趣味で、という人がいて、その人いわく、バイクでの違反がけっこう取られやすい、と言っていました。
違反を取られやすいから、という話でもないですが、バイクのほうが意外にうっかり違反、速度超過であらら…ということがあるようですので、車だけでなく、バイクや原付を運転なさるかたは、より法令順守を心掛けてくださいね。

 

まずは「違反しない!」「事故しない!」「安全運転!」これが第一!
自動車保険もそういう積み重ねによってゴールドになることで、お安くできるというもの。

 

保険を安くするには安全無事故が一番効果的。
せっかくゴールドになったのだから大切にしましょうね。

自動車保険見直していますか?


 ●私のおすすめの保険ははここ!

「結局どこの保険会社がいいの?」


「通販型」と「代理店型」の私がおすすめする保険会社を紹介します。


私のおすすめの自動車保険!

 ●保険の選び方間違ってませんか?

正しい保険の選び方があるの?


タイプから補償内容まで、自動車保険選びについて1から紹介します。


自動車保険の選び方と手順を紹介!