自動車保険 継続更新

おすすめの自動車保険!継続更新を考えている人に向けて

 

 

自動車保険は最初選ぶときはかなり細かくチェックして加入するものですが、更新、継続のときはどうでしょうか。
保険会社もいろいろなオプションを設定したり、新しいサポートを入れてきている場合もありますので、継続の際もしっかりと比較検討することが大事。
ここでは継続の場合の自動車保険のを考えるポイントについて、みていきましょう。


 

チェックせずに保険を継続更新してはいけないよ!

 

 

自動車保険は加入してしまえば、今のままで充分…と考えてしまっているかたも意外に多かったり、更新時期に見直しをせずに簡単に継続更新してしまう人は意外と多くいます。

 

でも車を使う頻度が変わっていたり、ライフスタイルに変化が有ったりする場合もあるとその補償内容がベストではなくなっている可能性があります。
だからこそ、今一度しっかりと見直しや確認をするのが重要なのです。

 

まったく内容を再確認せず、継続してしまうのはおススメできません。


 

保険会社のおすすめ補償内容には注意しろ!

 

自動車保険の更新の時期になると、現在加入している自動車保険の会社からメールやハガキがが届きますね。

 

そこには、もうすぐ自動車保険が満期になりますよ、という知らせとともに、早めに継続すると割引になりますよ、という案内であったり、更新するならこのようなプランはいかがですか?という提案が載っています。

 

忙しい人は、時間もないし、今までのと同じでいいだろうとしっかり吟味せず更新してしまう、あるいはおススメプランで継続してしまう人がほとんどです。

 

しかし、保険会社のおススメプランは要注意です!!

 

保険会社にとって、都合がいい、あるいは儲けがある、というプランになっていることが多いのです。
また場合によっては自分のライフプランとずれた内容になっている、ムダなものが付帯している、という場合もありますので、金額だけでなく内容もきちんと確認することが大事なのです。

 

継続のメリットはあるの?~「継続割引」は確かに安い!

 

毎回自動車保険の更新時期になると、複数社の自動車保険を比較検討する、というのは賢明なことです。
自動車保険の会社もそういったユーザーがいることを意識して、自社の契約を続けてもらうために、早期契約割りや、継続割引などキャンペーンをうっているところもあります。

 

一番大きなメリットは「継続割引」のキャンペーンですね。

 

会社によって設定がないところもありますが、ダイレクト型の保険会社では「継続割引」を採用しています。
なぜダイレクト型の保険会社が継続割引をやっているかと言うと、通販型の保険は1年で乗り換えていくユーザーが多いからです。

 

また、満期が近づいてきたときに早めに継続を決めることで、満期時期に継続するよりも割引率が高く、安くなる設定になっています。

 

早い段階でしっかりと内容を確認したうえで、継続手続きをするだけですから、わずらわしさもなくお得ですね。
また別の会社の場合、継続した「回数」によって割引をしてくれるというところもあります。

 

2回目、3回目と継続することで、安くしてくれる、というものもあるのです。

 

しかし、インターネットで申し込むダイレクト型の自動車保険では、乗り換えて別の保険会社と契約しても「早期割引」や「インターネット割引」などがあるので一度はほかの会社と比較してみる必要があります。

 

結局継続せずに乗り換えた方が保険料が安かったなんてことも十分にあり得ますからね…。
(´;ω;`)ブワッ

 

継続契約はいつからできる?

 

おおよそ2~3か月ほど前に、保険会社から郵送のお知らせやメールなどが届くようになります。
この段階で継続の契約は可能で、会社にもよりますが、満期の50日前まで、あるいは30日前までに契約すると、早期継続割引になる、といった設定がされていたりします。

 

だいたいこのようなお知らせが届いた頃から、継続契約が可能となります。

 

●まとめ

 

自身が加入している自動車保険に「継続割引」がある場合は、満期のお知らせが届く頃にしっかりと保険の内容や他社の自動車保険との比較検討をおこなうことが大事です。

 

満期までまだ間があるからと思っていると、あっというまに早期・継続割引が使える期間が過ぎてしまいますので、早めにどのようなプランが必要なのか、組み立てておくといいですね。

 

せっかくの割引ですから、その会社で継続するのであれば、ちゃんと利用できるよう準備しておきましょう。

継続向けの保険選び~現契約時を振り返るべし

 

自動車保険の継続、更新の際に確認しておくべきことは、どういうことがあるでしょうか。
ここできちんとチェックしておきましょう。

 

事故歴がある?無い?影響はどんなことがある?

 

もし契約中に事故にあい補償を受けていると、残念ながら等級が下がり保険料は上がります。
今の保険契約中に交通事故を起こしたか、補償を使ったか、ということを改めて確認し、次の保険の等級を把握しておきます。

 

事故を起こしていても、修理などの補償を受けず、自腹で解決した場合は、等級には影響しません。

 

等級に影響がする事故しない事故。

 

事故歴確認とともに重複しますが、加入している保険の補償を受けた場合、等級に影響するものと、そうでないものがあります。

 

個人賠償責任保険の補償を受けた場合などは等級に影響しません。
このように等級に影響がある補償を受けたのかどうかをしっかり把握しておきましょう。

 

もし今の保険に加入したときの等級が7等級以下になってしまっている場合は他社に加入できない場合がありますので、そのまま更新しましょう。

 

家族構成・補償対象者は変わっていませんか?

 

家族構成、車を運転する人が増減していたり、年齢層が変わってきている場合、誰が運転するのか、年齢層はどこまでカバーすべきなのか、把握しておきましょう。

 

運転する人すべてをカバーできる内容に設定できていないと、もし事故を起こしたときにも補償が受けられなくなってしまうので注意が必要です。

 

●まとめ

 

なかには契約中に事故を2回起こしてしまい、保険を断られてしまった、なんて人も稀にいます。
とにかく安全運転、比較的軽微な事故の場合、等級ダウンによる保険料のアップと、修理費用を考えて、自腹で対応する、ということも必要な場合もあるかもしれません。

 

こういった場合は更新時ではなく、事故の際にどう対応すればいいかしっかりと考えて納めるようにすべきでしょう。

継続更新時に最適な保険選びを考えよう!

 

保険更新では、契約の更新が近づいてきたときに「どう保険を選べばいいか」が一番重要です。
ここでは最適な保険選びのポイントをみておきましょう。

 

経済的に保険料が重くなりすぎていない?

 

年齢層や事故歴などの状況によっても異なりますが、加入する保険の保険料が負担ではないかどうか、まず考えます。
もちろん万が一の際の補償は最大限つけておく必要がありますが、車両保険やその他オプションについては、必要か否か考えて外すこともできます。

 

そういった対応をすることによって、負担にならないように組み立てましょう。

 

保険料を安くしたいのか?今くらいでいいのか?

 

保険はあくまでも万が一の際助けてもらうものではありますが、ライフスタイルからプラスアルファで付けておきたいオプションもあるかもしれません。
とにかく安くしたい、というかたは、必要最低限の補償内容にするのも一つお手です。

 

納得できる額であれば、必要に応じてオプションをプラスすることで、車に乗るとき以外など様々な補償も付帯することができるのが自動車保険なのです。

 

もっと補償を手厚くするべきか?

 

また乗っている車や子供など家族構成によっては、万が一事故を起こした際の補償を充実したい状況の人もたくさんいます。特に年齢的なものでは30代の人が多いですね。
ライフスタイルや家族構成によっては、より手厚い補償内容にしておくことで、万が一の際にフォローができるので、個人賠償補償や弁護士特約など、自動車保険をうまく使うことをおすすめします。
車に乗っていないときにも守られている状況は、いざというときに本当に助かります。

 

●まとめ

 

ライフスタイルや家族構成・車種によって補償内容の範囲が決まり保険選びは変わります。

 

実際私は、個人賠償責任保険で小さい子供がトラブルを起こした際、補償を受けることができ助かった経験もあります。

 

このように自身のライフスタイルや家族構成、ドライバーの年齢や事故の確率などをしっかりと考慮して保険を選ぶ必要があるのです。

まとめ

 

満期が近づいたら、まずは自身が入っている自動車保険の補償内容の確認とともに、他社の保険との比較をするべきです。
まず継続更新をするべきか、ほかの保険会社にするべきかは「保険料の差」によって判断したらいいでしょう。

 

継続更新する場合は、継続割引が適用される早い段階でこれを行っておきます。

 

ライフスタイルや家族構成に変化がある場合や、事故で補償を受けた場合も、保険料が変わってきますので、状況を把握しておくことが大事です。
より保険料を安くしたいならばダイレクト型がいいですが、安心感と細かく組み立てる手間が嫌ならば代理店型もよいでしょう。

 

継続契約割引でおススメな保険会社を挙げるならば「ソニー損保」。
およそ3か月前くらいから継続が可能で、回数に応じた割引もあり。
インターネットで継続することで、さらに割引もありますので比較してみることから始めたらいかがでしょうか?

自動車保険見直していますか?


 ●私のおすすめの保険ははここ!

「結局どこの保険会社がいいの?」


「通販型」と「代理店型」の私がおすすめする保険会社を紹介します。


私のおすすめの自動車保険!

 ●保険の選び方間違ってませんか?

正しい保険の選び方があるの?


タイプから補償内容まで、自動車保険選びについて1から紹介します。


自動車保険の選び方と手順を紹介!