運転者の年齢条件を設定する事で保険料が最適化される!

年齢条件を設定しよう!

 

 

自動車保険を考える際に、最重要なポイントといえるものが「年齢制限の設定」です。
自動車保険の保険料は、全年齢、21歳以上・26歳以上・30歳以上・35歳以上といったかたちで年齢によって異なります。
特に若年層が免許取りたてなどで、事故を起こすことが多いことがデータでもはっきり出ているため、大幅に金額に差がついています。


 

自動車保険を検討する際には、ドライバーの年齢がいくつなのか、常にチェックしておくべきですし、さらには21歳になった、26歳になったというタイミングで即座に内容を変更するのがベスト!
ここではドライバーの年齢制限設定について、考えてみました!

年齢条件適用で保険料が最適化される!

 

年齢によって保険料は大幅に違う!

 

自分が単独で自動車保険に加入したのであれば、おそらく20代後半、あるいは30代で車を購入したタイミングなどでしょうから、年齢制限やそれによる保険料の違いをそこまで意識したことがないかもしれません。
でも結婚して家族ができ、子供が大きくなり、いよいよ運転免許を取ろうということになると、若年層のドライバーの年齢制限の補償が必要になります。
またそのお子さんが自分で車を買う、となると、その車の自動車保険をちゃんと考えておかないと、万が一人身事故でも起こそうものなら、場合によっては大変なことにもなりかねません。

 

変更は契約途中でも可能!

 

もしこのようなシーンに遭遇した場合、あるいはご自身が30代から35歳を迎えたタイミングなど(補償の担保年齢が変わった)になったら、「即座に内容を変更」すること!
ユーザーのなかには、自動車保険は契約したら、満期が来るまではそのまま何も変更ができない、と思いこんでいるかたもいるようですが、「いつでも補償内容を見直し、変更ができる」ものなんですよ。
年齢制限が変わるから満期が来る来年に~…なんて悠長なことをせず、そこに差し掛かる段階でしっかりとチェックしておくことが大事です。

 

補償内容変更は電話で確認、連絡するといったごく簡単な手続きでOKですので、損をしないようしっかりと意識しておきましょう!

 

若い時こそ年齢条件で保険料を安くするのが鉄板!

 

年齢制限に関しては、20代後半や30代になると、それなりに保険料もリーズナブルになってくるため、そこまで意識していなかった、という方もいるかもしれません。
でもお子さんが18歳になって、車に乗るようになった場合、保険料を調べて驚いた、という方も多いよう。

 

しかしお子さんが乗るようになったらその年齢も担保した補償にしておかないと、もしお子さんが交通事故を起こした場合に補償が受けられなくなってしまい、それこそ大問題に!
ですから常に家族のなかで誰が運転するのか?年齢は何歳なのか?を意識しておき、網羅できるようにするのが鉄則です。

 

ただし、若年層、とりわけ全年齢担保、21歳未満不担保、26歳未満不担保の保険料は、思いのほか高額なので、キツい…と感じるかもしれません。
そうはいっても保険料の高さは、「事故率の高さ」「リスクの高さ」ですので、適切に加入するのが鉄板。
逆にお金がなくて加入を渋るようであれば不担保の人には「ハンドルは握らない、握らさない」ようにすべきです!

 

実際に無保険で人身事故、物損事故を起こしたら、何億という賠償を支払うことにもなりかねません。
数万円のお金ことで一生を棒に振るなんて、意味ないですよね?

 

若年層こそしっかり補償をつけるべき、さらには21歳、26歳になったら即座に「補償内容変更」。
これが賢いやりかたというものです。

誰が運転するのか?しないのか?しっかりチェックすべし!

 

またご夫婦などでも、お若いご夫婦だったら、主人が26歳以上、奥様が20歳とか、25歳などという場合もありますよね。
お二人とも運転するなら、お若い方の年齢で設定しておくことになりますが、この場合も年齢制限を常に意識しておく。
そして21歳になった、26歳になったというタイミングで即座に内容変更です。

 

またこのようなご夫婦でも、お二人とも免許は持ってるけど、奥様がペーパードライバーだったら?
いっそのこと、「若いうちは運転しない」くらいの徹底ぶりで、26歳を超えてから、ご主人と運転の練習をしつつ、徐々に運転するようにする、というのも手。
若年層の保険料が高額なうえ、スキルが伴わないとなると、無理に運転するほうがリスクをさらに上げることになりますからね。

 

またお子さんが就職のためなどで、とにかく免許だけは取っておいたけど…という場合も、特に必要に迫られていないなら若年層の時期は思い切って運転しない、と決めておき、26歳を過ぎてから運転するようにするのもひとつです。
いずれにせよ、「年齢制限をクリアしていない人は運転させない」こと。
運転するのであれば、しっかりとすべてのドライバーを網羅した年齢制限の設定をすべし、ということですね。

運転する人すべてをカバーする保険かつ価格比較を!

 

自動車保険は、年齢制限によって担保された年齢のドライバーの事故のみ、補償が受けられるものです。
保険料の設定が違うため、特に若年層の場合、高額なため渋りたくなる気持ちは理解できますが、無保険、不担保は「NG」!!

 

運転する人すべてをカバーする補償内容かどうか、常に確認し、年齢制限が変更になる時期にはすぐ実行しましょう。
うっかりしていると、ムダに高額な保険料を納めることになりますし、返還もしてもらえません。
年齢制限に関して心しておくことは以下のとおり。

 

  • 運転する人すべての年齢を網羅した補償内容に!
  • 誕生日はいつ?(21歳になる、26歳になる、30歳になる…などの時期を意識)
  • 運転するのは誰?(親御さんだけだったのがお子さんも乗るように?ペーパードライバー?)
  • 変更は満期に関係なく可能!(誕生日を迎えると同時に、子供が乗るようになると同時に即変更)

 

ドライバーすべてがしっかりと補償を受けられるように設定して、安全に、安心のカーライフを送りましょう!

自動車保険見直していますか?


 ●私のおすすめの保険ははここ!

「結局どこの保険会社がいいの?」


「通販型」と「代理店型」の私がおすすめする保険会社を紹介します。


私のおすすめの自動車保険!

 ●保険の選び方間違ってませんか?

正しい保険の選び方があるの?


タイプから補償内容まで、自動車保険選びについて1から紹介します。


自動車保険の選び方と手順を紹介!