自動車任意保険に加入しないといけない理由

任意というけれども自動車任意保険に加入しないといけない理由

 

任意保険に加入する【一般論】~当たり前の話だよ!

 

自動車を運転することによって万が一交通事故を起こしてしまったときに、被害者に後遺症が残ってしまったり、死亡させてしまったときには高額な賠償金が課せられる可能性があります。
一般のサラリーマンでは支払えないほどの高額な賠償金になってしまうことが考えられますので、自動車保険に加入しておくことは重要です。
賠償金が支払えないときには住宅などの財産の売却を検討したり、自己破産などの手続きをしなければならなくなりますが、自動車保険に加入しておくことによって被害者に賠償金を支払うことが可能になります。
自動車保険に加入することによって、万が一被害者に後遺症のある障害などが残った場合であってもしっかりとした補償ができます。
自賠責保険でカバーできる範囲というものは決まっていますので、それ以上の部分の補償を受けるためには任意保険に加入することになります。
任意保険の加入としては補償の内容が大切となってきて、対人賠償保険などに入る必要があります。
対人賠償保険に入っておくことで、自賠責保険によって支払われる金額を超える部分についても対応してもらうことができます。
対人賠償が無制限の保険に加入しておくと、被害者からの請求が高額なものであっても対応することが可能になります。

私が思う、任意保険に加入しないといけない理由【強く言いたい編】

 

 

自動車を運転するならば、必ず「任意保険」には加入しなくてはいけません。
私の言う自動車保険とは、強制加入の自賠責保険にプラスして、任意で選んで加入するもの。
最近ではダイレクト型などの自分で内容を組み立てて予算を考えながら入れるタイプも主流になってきており、より入りやすくなっています。
なぜ「必ず」自動車保険に加入しないといけないのか、その理由を紹介しますのでちゃんと読んで加入してください!


 

自動車保険に加入していないと?

 

 

私も恥ずかしながら、自動車保険に加入していなかった時期がありました…。
当時はとにかくお金を気にして、なぜ年間に数万円も払わなくてはならないのか、と浅はかにも思っていた時期があったのです…。

 

幸いなことに、交通事故は起こさなかったものの、深夜にダイナモがダメになって、車が止まってしまうトラブルに見舞われたときは大変でした。
もちろんケチってたためJAFも入ってなかったので、結局JAFを呼び2万円ほど支払い、さらに修理費用もかけたもののその車は廃車になりました。

 

同時期に知り合いが自動車で事故を起こしたのですが、保険に入っていたので、ほとんど対応も保険会社が素早くやってくれて、助かった話も聞き考えを改めたんですね。
もし加入していない時期に、事故を起こして他人を死傷させていたとしたら、目先のお金をケチったばっかりに、人生を棒に振っていたかも?と思うとぞっとしました。

 

重大な事故を起こした場合、自賠責の数千万の補償などではとうてい足りません。
数億単位での補償を自らができる人なら、保険は必要ないですが、そうでない人は必須なのです。

 

 

任意保険と言うのだから「任意」じゃないの?

 

どうしても「任意保険」と呼ばれることが多いため、なんとなく絶対に加入しなければならないという認識ができていない人もいるかもしれません(自分もかつてそうでしたが…)。

 

任意なのは、「どの保険を選ぶのか」「どのような補償までを付けるのか」という部分だと考えます!

 

最近では自動車事故やトラブル以外のところもカバーするので、保険だけでなく、「お助け」という意味でも必要性をかんじます。
例えば他者のものを壊してしまった、ケガをさせてしまった、自転車で事故を起こした、なども、多額の賠償請求がなされるケースをよく聞きます。
そういったものも、自動車保険のオプションで組み入れることで、事故だけでなく、日常生活でのトラブルの解決に役立てられ「助かった」という場面が。
筆者も子供が小さいときにモノを壊すトラブルを経験し、オプションの個人賠償責任保険に助けられた経験が。
任意でどのような補償をつけておくか、しっかり選び、きちんと入ることが肝要だといえます。

 

無保険車のトラブル

 

●バイクのほとんどが保険には加入していません!

 

まず、街中を走っているほとんどのバイクは任意保険には加入しておりません。
かくいう私もバイクでは加入していなかったのですが、被害者になったことがあります…。

 

私は無保険の車が飛び出してきて、原付に乗っていて飛ばされる、という事故を経験したことがあります。
結局その時の治療費や原付の修理費を払ってもらえなくて、泣き寝入りしました。
連絡してもつながらず、家に行ってもおらず。
訴訟を起こすほどの金額でもなく、どうすることもできませんでした。

 

もし車同士の事故が起こった場合は、お互い任意保険に入っていれば、加害者側の保険会社から連絡が来て交渉が進みます。
賠償金が発生した場合も、きちんと支払われるので、精神的なしんどさも軽減されるのです。
しかし加害者が無保険車だった場合、もちろん損害賠償を請求することはできるものの、「あくまで法律上は」ということ。
加害者が交渉に応じない場合もあり、民事調停まで持ち込んだ場合でも、金額や条件に合意とならなければ、成立しないということに。

 

こういったトラブルが発生したときに助かるのが、自動車保険のオプションの弁護士費用特約。
民事訴訟や差し押さえと言っても、自分では困難ですし、弁護士に相談するにしてもその費用で二の足を踏むものです。
そういうところも最初からこれを付帯していれば、まだ対処も進めていける、というものなのです。

 

無保険などという無責任な感覚で、車は運転してはいけません。
車に乗ると同時に事故のリスク、他者の命を奪う危険性もあるということを認識し、安全運転を徹底するのはもちろん、万が一のときも対応できるようにして初めて必要充分といえるのです。

 

任意保険は絶対に必要!!

 

任意加入の自動車保険は、車に乗る限りは「絶対に必要」です。
これをケチるような感覚なら、車に乗ってはいけない、と言い切ってもいいと思います。
年間数万円で、万が一のときも無制限に補償することができ、またオプションによっては日常生活での問題もカバーできる。

 

車を手に入れる際は、購入にかかる費用や維持費のなかに最初から「保険の費用」もいれて検討することを強くお勧めします。

自動車保険見直していますか?


 ●私のおすすめの保険ははここ!

「結局どこの保険会社がいいの?」


「通販型」と「代理店型」の私がおすすめする保険会社を紹介します。


私のおすすめの自動車保険!

 ●保険の選び方間違ってませんか?

正しい保険の選び方があるの?


タイプから補償内容まで、自動車保険選びについて1から紹介します。


自動車保険の選び方と手順を紹介!